reitファンド
野村グローバル

日記

日本の株式市場における株価の決定方式

ノムラの日米 reit ファンド投資などの投資情報についてをご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/株価 からの情報>

日本の株式市場における株価の決定方式は大きく二つに分けることができる。

一つはオークション方式といい、売買当事者が希望する価格と数量を証券取引所に告げることにより、証券取引所側で約定を行うもので、日本では一般に使用されている決定方式である。

もう一つはマーケットメイク方式といい、マーケットメイカーとなった証券会社が、確実に成立する気配値を出して売り方と買い方を募るもので、日本ではごく一部の銘柄において採用されている方式である。

株価の変動を把握するために作成する図のことを罫線表(チャート)と呼び、その主なものとしてはローソク足や一目均衡表などが挙げられる。

また、個別の銘柄の株価ではなく、特定の市場全体の動向を把握するために複数の株価を元に算出した値が株価指数であり、東証株価指数(TOPIX)や日経平均株価、毎日新聞による日本株30などが有名である。
<主な関連ブログ>
もう一日続いて/今日の資産報告/353日目 (慢心するな!コツコツと!持ち越すな!)/【外国為替必修講座】 為替王アカデミーへようこそ/3/22トレード結果/+3480/心、折れる。/微速/2007年3月22日/3/22/3/22/3/22(木)結果/3/22指数の割には。。/びびり/てか、保有資産評価 → 21 180円(auto)/「リオン・マグナス」・・・。性格はアレだけど資産、容姿O.../格差社会/一時帰省/一時帰省/賢いFX会社の選び方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。